☆「ドル/円」⇒:浅めのストップを駆使してのエントリー:

■8時間足トレンドチェック

------------------------------------------------------

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:浅めのストップを駆使してのエントリー:
(第1ポジション⇒+749P達成)(第2ポジション⇒+1208P達成):
中期トレンド、平均足改良版(8時間足ベース)も「陽線」継続、
また現在値も実体部より「上」で推移している為、強い買い優勢
となっています。しかし買いポジションも溜まっていることから、
浅目のLCが重要です。

☆「ユーロ/ドル」⇒:中期サポートは横ばいで推移:
(第1ポジション⇒+1174P)、(第2ポジション⇒+1344P):
中期トレンドを確認するレジスタンを超えて以来、平均足
改良版が「陰線」とならず、「押し目」らしいポイントになって
いませんので、引き続き、「押し目」を探る展開です。
尚現在の中期サポートは1.278レベルと昨日と変わらず
横ばいとなっています。

☆「ポンド/ドル」⇒:中期上昇の中、「陰線」に転換中:
(第一ポジション⇒-154P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
ユーロと比べると一足早く、平均足改良版は「陰線」転換
となっています。現在のサポートは1.505レベルでこの水準を
下回ることなく、「陽線」転換で押し目買いになります。