新興市場(大引け)=ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも6日続伸

 9日大引けの新興市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも6日続伸となった。
 日経ジャスダック平均は前日比13円38銭高の1797円55銭となり年初来高値を更新。
 ACHD、日本サード、ルーデン、イナリサーチ、J・TEC、フォンツ、ゲートウェイ、カルナバイオなどがストップ高、アストマックスが年初来高値を更新した。半面、プロパストやMTジェネック、明豊エンター、FVCなどが急落した。
 東証マザーズ指数は前日比5.95ポイント高の628.34。
 ドリームバイザー、ジアースがストップ高、イーブックが年初来高値、カイオムが急反発となり、メドレックなども値を飛ばした。半面、アールエイジ、アルデプロが急落、ファルコムやイントランス、エストラスト、比較なども値を崩した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)