「今の相場を喩えるとこうなる」4/9

「初速十分も、シンガポール製の部品に不備」
 本日の日経平均は0.24円安の13192.35円で取引を終了した。朝方は米株高、円安を受けて買い先行となったものの、買い一巡後は上値の重い展開。円相場が徐々に円高に振れたほか、短期的な過熱感もあり、不動産、銀行株を中心に利益確定の売りが優勢となった。寄り付き前にシンガポール取引所でシステムトラブルがあり、日経平均先物が売買停止となったことも、“株価吊り上げ”失敗の要因となった。

 エンジンフル回転で加速は十分だったものの、シンガポール製の部品に不備が発覚。急速に減速してしまった。相変わらずスナイパーに狙われているものの、3人はまったく気にも留めていない。エンジンの性能を過信しているからであり、このままパン屋に辿りつけると思っているのだ。だが、車の警告灯は3つのうち、すでに2つ(Eランプ、Bランプ)が点灯。最後のひとつ(Sランプ)が点灯したとき、車はエンコすることになる。