鉄人化が続落、年末年始需要が想定を下回り13年8月期業績予想を下方修正

 鉄人化計画<2404.T>が続落。9日の取引終了後、13年8月期の連結業績見通しを従来予想の売上高105億400万円、経常利益4億5800万円から、売上高100億4100万円(前期比7.3%増)、経常利益3億6300万円(同18.8%減)に下方修正したことを嫌気している。経常利益は2.5%増益予想から一転しての2ケタ減益予想となる。最繁忙期の年末年始の需要が期待ほどに伸びなかったことに加えて、オリジナルコンテンツの獲得や「カラオケの鉄人」ブランド構築に対する先行投資として販管費が増加したことが要因。同時に発表された第2四半期累計(9~2月)連結決算は、売上高49億2800万円(前年同期比7.9%増)、経常利益1億4000万円(同43.8%減)と大幅減益に終わった。

鉄人化の株価は9時32分現在7万9000円(▼2700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)