塩水港が急反発、「がんミサイル療法」への評価継続

 塩水港精糖<2112.T>が急反発。8日付で発表された「がんミサイル療法」技術の改良に関する研究成果が引き続き好感されている。共同研究先である岡山大学大学院 妹尾昌治教授が米国ワシントンで開催の米国がん学会で8日(日本時間)に発表しており、「がんミサイル療法」で利用するパクリタキセル誘導体をリポソームに封入する際の溶媒の濃度を工夫することにより、リポソーム内の薬剤濃度を10倍に、同時に封入効率を30~40倍にまで高めることに成功している。マウスがんモデル試験では、がん細胞の増殖抑制効果が認めらるとともに副作用も低く抑えられることが確認されており、早期の実用化が期待されている。

塩水港精糖の株価は9時50分現在315円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)