「100円」をうかがう相場

「100円」をうかがう相場
ドル/円相場は昨日、節目の100円を視野に入れつつも全般的なドル売りの流れの中で上値が重い状態だった。

しかし、「日銀に逆らうな」とする市場のムードは根強く、99円を割り込んだところでのドル買い意欲は強い。

本日も引き続き100円を試すタイミングをうかがう展開になるとみる。

本日は大きな経済イベントもなく、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録についてもサプライズは期待しにくい。

イベントをきっかけに、というよりは欧州勢、米国勢参入のタイミング、またロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けた動きが出るタイミングでの値動きに特に注意したい。