住友鉱が3連騰、国内の金小売価格上昇で

 住友金属鉱山<5713.T>が3連騰、ここ一気に上値追い歩調を強めてきた。同社の13年3月期連結経常利益は前の期に比べ8%減の1000億円前後と従来予想より約50億円程度上振れするとの観測が出ている。中国経済の不透明感から銅・ニッケルの国際価格は軟調に推移してきたが、足もとは中国景気の減速リスクに対する警戒感は和らいでいる。為替の円安メリットも享受し風向きは徐々に順風局面に移行している。「きょう午前に田中貴金属が公表した金の国内小売価格が33年ぶりの高値水準に上昇していることも、金市況に連動しやすい同社にとって株価の支援材料」(市場関係者)という。

住友鉱の株価は10時58分現在1387円(△51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)