<後場の注目銘柄>=アイネス、マイナンバー制度で注目

 アイネス<9742.T>に上値の可能性が広がっている。いったん人気化すると上昇波動が継続しやすい銘柄で、俄然注目度が増してきた。同社は日立系の情報処理サービス企業。金融系に強く、自治体向けで高い実績を擁している。

 13年3月期は横ばい圏だが、14年3月期は堅調な業績が期待できる。有利子負債ゼロという好財務体質にもかかわらず0.7倍台のPBRは見直し余地大。

 また、同社株は「マイナンバー制度」のテーマで人気化素地を持つ。政府が2016年から導入の方針を示す同制度では、情報処理をパッケージで展開する同社のビジネス環境への追い風が意識される。株価は早晩4ケタ大台を視野に入れる可能性も十分。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)