アルプスは4日続伸、みずほ証が投資判断を「買い」に引き上げ

 アルプス電気<6770.T>は4日続伸。一時、前日比42円高の646円まで買い進まれている。みずほ証券が9日付のリポートで、投資判断を従来の「中立」から「買い」へ、目標株価を470円から800円へとそれぞれ引き上げたことが好感されている。
 リポートでは「13年3月期業績は会社計画からやや下振れと見られるが、14年3月期は大幅増益と予想する。主要因は、電子部品セグメントの損益改善。背景は、スマートフォンの市場拡大に伴う関連部品の売上増加、構造改革効果、円安効果などである。14年3月期会社計画(新中期計画の初年度)も一定の利益回復を想定してくると予想する」としている。

アルプスの株価は14時13分現在631円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)