昭電工が大幅4日続伸、「XP」サポート終了1年後に迫り特需発生に期待

 昭和電工<4004.T>が大幅4日続伸で約2カ月ぶりに年初来高値を更新してきた。パソコンの基本ソフト(OS)「WindowsXP」のサポート終了が残り1年に迫ったことを受けて、今後、パソコンの買い替え需要の拡大が見込まれており、ハードディスク(HD)外販トップの同社にも需要拡大期待が高まっている。「WindowsXP」は国内全体のパソコンの3割以上、企業向けで約4割に搭載されているといわれており、サポートが終了すると、ソフトの欠陥を修正するプログラムの提供が打ち切られ、ウイルスに感染したり、不正アクセスを受けたりする危険性が高まるとされている。このため、買い替え需要の発生が予想されており、この日は同社のほか、日本電産<6594.OS>、TDK<6762.T>、ミネベア<6479.T>、ニッパツ<5991.T>などHD関連銘柄が軒並み買われている。

昭電工の株価は14時4分現在159円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)