ガンホーが後場一段高、値動きに着眼した個人の買い再燃

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>が4日ぶり反発、後場に入り一段高に買われた。同銘柄は業績の成長エンジンとなっている「パズル&ドラゴンズ」を株価の上昇材料に年初から強烈な上値追いを続けてきた。しかし、3月末を基準日に実施した1対10の株式分割後は、目先の材料出尽くし感から利益確定売り圧力が強まり、25日移動平均線を下回っての推移が続くなど調整色を強めていた。ただ、一頭地を抜くボラティリティの高さを背景に個人投資家の注目度は今なお高い。調整一巡で値ごろ感が意識され、銀行株などの上昇で担保力の増した個人投資家資金を巻き込んでいる。

ガンホーの株価は14時29分現在37万6000円(△2万4500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)