旭化成が高値圏で強い動き、AN市況の改善でケミカル事業の収益拡大を観測

 旭化成<3407.T>が年初来高値圏で強い動きを見せている。ナフサ価格の上昇に伴うアクリロニトリル(AN)市況の改善で、主力ケミカル事業の収益拡大が観測されている。MMAモノマーや衛生材料向けPPスパンボンド不織布への引き合いも強く、集計中の前3月期は14%弱の営業減益を予想しているが、今期は収益急回復が期待されている。

旭化成の株価は14時52分現在647円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)