日金銭が13年3月期最終利益を上方修正、期末配当も引き上げへ

 日本金銭機械<6418.OS>がこの日の取引終了後、集計中の13年3月期連結業績が従来予想の経常利益15億9000万円、純利益11億9000万円を上回り、経常利益17億6000万円(前の期比39.8%増)、純利益14億2000万円(同82.5%増)になりそうだとの上方修正を発表した。売上高235億円(同6.2%増)は従来予想を据え置いている。為替が前回予想発表時の想定より4円程度の円安となったことから、為替差益を追加計上したことなどが要因としている。また、従来7円を予定していた期末配当を2円引き上げ9円にするともに、株式上場20周年を迎えることから記念配当2円を実施し、合わせて期末配当を11円にすると発表。これにより年間配当は18円(従来14円、前期14円)となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)