プラズマが9~2月期業績予想を修正、経常損益6000万円の赤字に損失幅縮小

 半導体製造向けに高周波プラズマ電源装置を手掛けるアドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>は10日、12年9月~13年2月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の15億5600万円から15億9100万円に増額され、営業損益も同1億2000万円の赤字から9100万円の赤字に損失幅が縮小した。また、経常損益については為替の円安効果により為替差益を計上、経常損益は同1億1600万円の赤字から、6000万円の赤字に損失幅が半減している。なお、13年8月期の通期見通しについては従来予想を変更していない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)