<前場の注目銘柄>=学情、企業の新卒採用増が追い風

 学情<2301.T>は3月25日につけた年初来高値469円を更新する動きが期待できる。同社は新卒や第2新卒など20歳代の就職・転職情報を中心に扱う就職情報関連の大手。

 企業の新卒採用意欲の高まりを受けて主力の「就職博」や「Re就活」が好調だが、これら自社商品は粗利益率が6~9割台と高いことから収益性の改善にも寄与し、第1四半期決算(11~1月)の50.1%営業増益につながった。

 13年10月期は、「就職博」を56回開催(前期53回)予定だが、14年春の大卒採用計画数は今年春の実績に対して10%増になると伝わっており、企業側からの要望などで年60回程度となる可能性が強い。業績上振れの公算大だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)