シャープが大幅6日続伸、13年3月期下期の営業益200億円強と報じられる

 シャープ<6753.T>が大幅6日続伸となり、一時前日比38円(13.1%)高の328円をつける場面があった。きょう付の日本経済新聞で、13年3月期下期の連結営業損益が、200億円強の黒字となったようだと報じられたことを好感。前の期の下期は711億3700万円の赤字で、記事通りならば会社予想の138億円の黒字を上回る。記事によると、人員削減などでコストが減ったうえ、資本提携した韓国サムスン電子向けに液晶パネルの販売が伸びた。主力取引銀行との融資継続条件だった下期の営業黒字が達成できたとしている。主力取引銀行との融資継続条件だった下期の営業黒字が達成されたことで、財務面での不安材料が一つ後退したとの見方から、買い安心感につながったようだ。

シャープの株価は9時58分現在310円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)