因幡電産しっかり、パトライトの完全子会社化に関心

 因幡電機産業<9934.T>は朝高の後、小安くなる展開ながらしっかりした動き。10日大引け後にパトライト(大阪市中央区)を完全子会社化することを発表した。パトライトはFA機器の専業で回転灯と表示灯の分野で圧倒的なシェアとブランド力を有しており、今回の子会社化で産業機器分野の強化を図っていく。パトライトは2008年まで東証に上場していたこともあり、関心を高め、朝方は前日比38円高の2836円まで上昇したがその後は目先的な利食いに押されている。

因幡電機産業の株価は10時5分現在2787円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)