東武が小幅続伸、13年3月期業績予想を上方修正もサプライズに乏しいとの見方

 東武鉄道<9001.T>が小幅続伸。10日引け後、集計中の13年3月期連結業績見込みが従来予想の売上高5805億円、経常利益410億円を上回り、売上高5815億円(前期比7.0%増)、経常利益475億円(同70.6%増)に上方修正した。鉄道収入やスカイツリータワー・タウンの好調に加えて、鉄道の修繕費、宣伝費などの下振れが要因。ただし、上方修正観測は一部で報じられており、サプライズに乏しいとの見方も一方では強いようだ。

東武の株価は10時22分現在563円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)