古野電気が反発、一段の円安効果に期待

 古野電気<6814.OS>が反発。5日に前13年2月期の業績予想を為替差益の発生を要因に連結純利益で12億円から15億6000万円(前期実績8億200万円の赤字)へ増額修正しているが、1ドルで100円に迫る一段の円安から、今期は更なる輸出採算改善への期待が高まっている。同社は魚群探知機や電子海図など船舶用電子機器の世界企業で、景況感の好転で高額レジャーであるプレジャーボート向けの拡大も期待されよう。

古野電気の株価は10時29分現在611円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)