牧野フライスが7日続伸、新高値視界にとらえる

 牧野フライス製作所<6135.T>が7日続伸と気を吐いている。出遅れ修正に向けての買いが継続して一時627円まで上値を伸ばし、2月12日につけた年初来高値639円払拭を目前にとらえている。金型・部品用のマシニングセンターを主力としているが、スマートフォン関連の受注が好調に推移しているほか、北米向けの自動車関連や航空機関連の受注増勢が業績を支えている。今朝方に内閣府が発表した2月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」が前月比7.5%増と2カ月ぶりの増勢に転じており、収益環境の改善を好感した買いが株高トレンドを後押ししている。同社の13年3月期の連結経常利益は前期比28%増の65億円を見込んでいるが、14年3月期も足もと進行する円安が強力なフォローウインドとなって増益基調は維持されそうだ。

牧野フライスの株価は10時50分現在609円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)