大幸薬品は連日の大幅下落、東証が11日から日々公表銘柄に指定

 大幸薬品<4574.T>は連日の大幅下落。一時、前日比156円安の1540円まで売り込まれている。東証が10日、11日から日々公表銘柄に指定すると発表したことが嫌気されている。信用取引規制の強化で、売買の自由度が制限されるとの懸念が強まっている。
 中国・鳥インフルエンザの感染拡大で、同社の販売している除菌・消臭剤「クレベリン」の需要拡大を期待した買いが継続し、4月3日に800円台だった株価が9日に一時、2000円を上回るなどの急騰をみせていたが、10日、11日と連日の大幅下落となっている。

大幸薬品の株価は10時57分現在1559円(▼137円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)