エンシュウが活況高、機械株物色人気を反映

 エンシュウ<6218.T>が急伸、一時前日比8%超の上昇となる188円まで買われた。自動車向けを主力とする工作機械がアジア向けの需要を取り込み好調に推移しているほか、ここ急速に進行する円安で為替差益も発生している。無配が続き自己資本比率が17%台と財務面からの不安定要素はあるが、ヤマハ発、浜松ホトニクスを大株主に擁し、丸紅との業務提携なども含め経営は安定している。株価上昇もさることながら、きょうは出来高が前日比5倍に膨らむなど急速に物色資金を集めており、にわかにマーケットの視線も熱を帯びてきた。

エンシュウの株価は14時5分現在186円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)