日清紡HDが3カ年計画策定、営業利益240億円を目指す

 日清紡ホールディングス<3105.T>は11日、新たな経営3カ年計画「NEXT 2015」(2014年3月期~16年3月期)を発表した。同経営計画では、最終年度の2016年3月期に売上高5500億円、営業利益240億円(13年3月期見通しは4500億円、100億円)を目指している。
 具体的には「事業構造の強化」を打ち出し、連結子会社の日本無線<6751.T>や長野日本無線<6878.T>、上田日本無線での抜本的な構造改革を行い、新日本無線<6911.T>の事業を強化するほか、世界トップの摩擦剤メーカーとしてブレーキ事業の強化などを表明した。また、「環境エネルギー事業の加速」を目指し、燃料電池セパレータや電気二重層キャパシタなどに注力する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)