ブロッコリーが本決算を発表、14年2月期は3割前後の減益を予想

 ブロッコリー<2706.OS>この日の取引終了後に本決算を発表。14年2月期は売上高39億~45億円(前期比10.8%減~2.9%増)、経常利益5億5000万~6億6000万円(同34.0~20.9%減)と減益を見込んでいる。13年2月期に過去2年分の第1期「うたの☆プリンスさまっ♪」アニメ制作委員会からの分配金がまとめて算入されていたことの反動で減益を見込む。なお、コンテンツ部門の販売数量の振れ幅が大きいことからレンジ形式での予想としているという。
 13年2月期決算は、売上高43億7200万円(前の期比19.3%減)、経常利益8億3300万円(同26.8%増)となった。11年6月にアニメイトにリテール事業を譲渡したため売上高は前の期を下回ったが、昨年5月に発売したゲームソフト「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」や、今年2月に出荷した「うたの☆プリンスさまっ♪All Star」の売り上げが好調に推移したことに加えて、コスト管理を徹底したことが寄与し増益を確保した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)