三井金属が買い先行、14年3月期経常3割増見通しの報道

 三井金属<5706.T>が全般軟調地合いに抗して頑強。同社の14年3月期の連結経常利益は前期比推定で3割増の170億円程度になる見通しと12日付の日本経済新聞が報じており、これが支援材料となった。為替市場で円安が進行していることで採算が改善しており、主力の金属精錬事業の経常損益が前期の赤字から10億~20億円程度の黒字に転じる見通しと伝えている。ただ、株価は3月29日の年初来高値246円を前に戻り売り圧力も強まっており、上値も重い。

三井金の株価は9時23分現在236円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)