リソー教育が急反発、株式分割観測が刺激

 リソー教育<4714.T>が急反発。同社は9月1日付で、株式1株を10株に分割する方針を固めたと12日付の日本経済新聞が報じており、株価を刺激している。同時に売買単位を100株にして最低売買金額を現行の10倍にする方針。これにより、株主構成に占める法人比率を高める狙いがあるようだ。同社は首都圏を中心に個別指導型の受験塾を展開している。13年2月期は経常利益は前期比横ばい圏とみられるが、14年2月期は新設効果や英語教室などの新規事業展開が利益化し大幅増益が見込まれるだけに、今後機関投資家の買いを引き寄せる可能性がある。

リソー教育の株価は9時26分現在9350円(△250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)