遠藤照明が反発、デリバティブ評価益の発生などを発表

 遠藤照明<6932.OS>が反発。11日大引け後に現在集計中の前2013年3月期決算に特別利益と特別損失を計上すると発表した。為替予約でデリバティブ評価益が発生したため、連結で23億8400万円、単体10億7300万円の特別利益を計上する一方、遊休地の評価替えに伴い特別損失として連結、単体とも減損損失4億4300万円を計上する。通期予想については連結営業利益で前々期比97.7%増の82億円の大幅増益予想を変更していないが、LED照明の好調が継続しており、好実態を見直す動きになっている。

 遠藤照明の株価は9時17分現在2953円(△49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)