古河電が反発、13~15年度中期計画発表が株高支援

 古河電気工業<5801.T>が反発。週初に5日・25日移動平均線がゴールデンクロスを示現しており、そこから上げ足に勢いがつき新値圏を走っている。同社は11日、2013~15年度の中期経営計画を発表、最終年度となる15年度(16年3月期)に売上高9000億円、営業利益380億円、最終利益200億円を目指す方針でこれが株価上昇を支援している。13年3月期推定の最終利益は20億円であり、14年3月期からの3年間で10倍とする計画。通信インフラ市場やエネルギーインフラ市場での成長戦略や自動車市場での成長戦略を推進するほか、財務面では総資産の膨張を抑え、利益の創出により有利子負債の返済や自己資本の積み上げを図る計画だ。

古河電の株価は9時49分現在233円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)