東芝が8日続伸、金融サービス事業からの撤退を評価

 東芝<6502.T>が8日続伸、高値圏で頑強。11日大引け後に東芝ファイナンスの全株式をイオンフィナンシャルサービス<8570.T>譲渡することを発表、金融サービス事業から撤退することから、同社が進めている「事業の選択と集中」を評価する動きとなっている。
 東芝ファイナンスは、近年、東芝の家電製品販売時における個品割賦・信用保証事業を拡大させており、イオンフィナンシャルサービスでは、リフォーム、ソーラーシステム、農機具販売時における個品割賦・提携ローンの拡大に取り組み、新たな収益の柱として育成していく方針を表明している。

東芝の株価は10時51分現在541円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)