タクトホームが大幅続伸し20万円台を回復、13年5月期業績予想の上方修正を好感

 タクトホーム<8915.T>が大幅続伸し2005年1月以来の20万円台を回復した。11日の取引終了後、13年5月期の業績予想を従来予想の売上高771億円、経常利益70億3500万円から、売上高841億円(前期比9.4%増)、経常利益71億700万円(同10.9%減)に上方修正したことを好感。国内景気の回復や政府による住宅取得支援策の継続、さらに住宅ローン金利に底値感が出てきたことなどを背景に住宅取得環境が改善し、契約戸数が想定以上に増加したことが要因としている。また、これに伴い従来2500円を予定していた期末配当を3000円に引き上げ、年間配当を4500円(従来計画4000円、前期4000円)にすると併せて発表したことも好感されている。

タクトホームの株価は11時16分現在20万4100円(△1万8300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)