<後場の注目銘柄>=創通、ガンダムと巨人が絶好調

 創通<3711.OS>の株価は、3月29日に2858円の年初来高値をつけた後も押しは浅く、好実態から時価近辺は注目できそうだ。

 アニメ番組の企画・製作と版権ビジネスでは老舗的存在でプロ野球球団の版権契約代行業も手掛けている。

 アニメに関しては「機動戦士ガンダム」関連が絶大な人気を誇り、「それいけ!アンパンマン」も寄与、今2013年8月期に関しては4月9日に発表した第2四半期で連結営業利益は20億3600万円(前年同期比22.9%増)を計上、通期予想である30億円(前期比9.0%増)も増額修正への期待が高まりそうだ。

 プロ野球関連では、巨人軍の首位独走で球団グッズの販売収入増も予想される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)