フュートレック小幅反発、業績好調で下値切り上がる

 フュートレック<2468.T>が小幅反発。日足、週足、月足ともに下値を切り上げるチャートパターンとなっている。市場では「高成長を期待したファンド筋の買いが継続している」(中堅証券)との見方がある。音声認識・アプリケーション開発を主業務とし、スマホ関連市場の拡大が追い風となっている。13年3月期連結業績は1月21日に上方修正されており、売上高31億5000万円(前期比22.9%増)、営業利益8億5000万円(同69%増)、経常利益8億5000万円(同69%増)、純利益4億3000万円(同64%増)の大幅増収増益に進む見通し。音声認識関連ロイヤルティーが牽引役となっており、14年3月期もこの流れが継続することになりそうだ。月足ベースで見ると、上値のフシ目は特段見当たらない形状となっている。

フュートレックの株価は13時7分現在1333円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)