川崎化が13年3月期の利益見通しを増額、最終利益は3.5億円

 川崎化成<4117.T>は13年3月期の連結業績予想の修正を発表、連結営業損益は従来予想の6000万円の赤字から収支均衡(ゼロ)に改善したほか、最終利益は2億8000万円から3億5000万円に増額している。これにより営業利益(と経常利益)は前の期の赤字から脱却し、最終利益は前の期と比較して約2.8倍となる。売上高については、従来予想から若干の下方修正となったものの、有機酸製品の原料のさらなる高騰で原料及び製品の受払い差額、キノン系製品の一部原料価格が軟化に転じたことが寄与した。また、全社的なコスト削減努力も利益改善に貢献している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)