KLabが13年12月期業績予想を下方修正、新作ゲームの遅延が響く

 KLab<3656.T>がこの日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを従来予想の売上高330億1100万円、経常損益49億8200万円の黒字から、売上高229億円、経常損益10億円の赤字に下方修正した。上期に40本の新作ゲームのリリースを計画していたが、23本にとどまり、新作遅延の影響は通期業績にも響くとみていることが要因。なお、同時に発表の第2四半期累計(9~2月)連結決算は、売上高71億1900万円、経常損益7億2700万円の赤字(今期より連結決算のため前期比較なし)だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)