「今の相場を喩えるとこうなる」4/12

「標識は幻だった!」
 本日の日経平均は64.02円安の13485.14円で取引を終了した。朝方はSQ算出に伴い乱高下したものの、その後は徐々に落ち着いた値動き。いったん下落幅が前日比100円以上になる場面があったが、その後はやや下げ渋った。注目のオプションSQは13608.19円で決着。寄り付きで現物に吊り上げの買いが入り、高目のSQとなった。いわゆる「幻のSQ」というヤツであり、実際についていない値段がSQ値となった。一般的には高めの幻のSQとなった場合、これが強い抵抗線として機能する。無理やり株価を押し上げたがために、その反動が出るというわけだ。

 「ストップ!決算日」の標識は“幻”であった。現実としてそんな標識はあるわけもなく、3人はふと我に返った。「俺たち疲れているのかな」――目をこすりながら、改めて前方を凝視した。ここまで無理して走ってきただけに、疲労が蓄積しているのかもしれない。そしてそれは決して身体だけではない。車も金属疲労を起こしているのだ。「このまま走り続けたらどうなるのか?」――もしかしたらその答えを知っているのは、北西方向から狙う“小太りのスナイパー”かもしれない。