EU経済不均衡問題に関する報告書

スペインとスロベニアに注目
欧州委員会(EU)はEU加盟27ヶ国のうち、『経済不均衡問題』が深刻化している / これからするであろう13ヶ国に絞って、報告書を発表しました。

ちなみに、EU/IMFから金融支援を受けている/これから受けるキプロス、ギリシャ、アイルランド、ポルトガルは、対象外となっています。

13ヶ国のうち、特にスペインとスロベニア両国は、高水準の財政赤字と公的債務・銀行システム内の不均衡・労働コストと労働市場の構造が問題として挙げられています。

とりあえず両国は今月末までにEUに対し、改善策を報告する⇒これを受け、EUは5月末に改善に向けた提案を行う⇒状況の改善が見られなければ罰金(GDPの0.1%に相当)が科される可能性 

・スペイン
国内、および対外債務が非常に高い水準に膨れ上がっており、それが同国の景気回復が遅々として進まない理由となっているだけでなく、金融システムの安定に対する深刻なリスクとなっていると警告 

「調整に向けた措置が実施されているものの、実施する必要のある調整の規模を踏まえると、強力な政治的な措置が継続的に必要となる」としています。

・スロベニア
ユーロ圏全体の不安定化につながるリスク解消に向けた緊急措置の導入を呼びかけています 

「不均衡の急速な増大を阻止するために緊急的に政策措置を導入する必要がある」と指摘。銀行の資本増強と民営化、国有資産の売却などの実施を促しました。