直近高値圏からの調整下落も節目価格10万円で反転の兆し!反転上昇を寄り寄り型オーバーナイトで狙う!【買い】<2337>いちごグループホールディングス =ツクヨミ 大内

大内の仕掛け銘柄
いちごグループホールディングス

戦略:[L]寄寄型オーバーナイト

週末(4/12)の為替はちょっと円高に戻った形になりました。ドル/円をみると4/8から4日かけてじりじり円安100円に近づいた分を4/12で元に戻したようなチャートとなっています。
NYダウはほぼ変わらず、CME日経225先物は大証比-120円となっていますが、寄りでひとしきり下落が終わった後、底値を狙う買いがどれくらい入ってくるのかが勝負の分かれ目となりそうです。

4/9に最高値をつけて以降下落が続き、100,000円の節目を割りそうな位置に到達したいちごグループホールディングス。4/12はなんとか陽線となったものの、きわどい勝負が続きそうです。
急落銘柄に目がない逆張り戦略がそろそろリバウンドがありそうと感じシグナルが発生しました。最近は高値をつけたと思ったら下落というパターンが多いような気もしますが、節目で踏ん張ってくれることを期待して「買い」で仕掛けます。

本日はいちごグループホールディングス、他21銘柄(指値銘柄含む)に仕掛けます。
大内のトレードスタイルの詳細やリアルトレードの結果は関連記事をご覧ください。

ご意見等、なんでもコメントしてくださいね。