15日の株式相場見通し=円上昇で日経平均株価は続落へ

 15日の東京株式市場は、日経平均株価が続落の見通し。前週末12日のシカゴ日経平均先物6月限(円建て)は、大証終値比120円安の1万3380円と下げており、週明けの東京市場でも朝方は売りが先行しそうだ。前週末12日の米国株式市場は、小反落した。NYダウが前日比0.08ドル安の1万4865.06ドルとなった。外国為替市場では、1ドル=98円台前半での推移となっている。
 日程面では、安倍首相と米ケリー国務長官が会談予定、春の日銀支店長会議、東京ディズニーランド開園30周年、中国1~3月期GDP・同月鉱工業生産・同小売売上高、北朝鮮・故金日成主席誕生日に注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)