明和地所がウリ気配、13年3月期業績の下方修正と無配発表を嫌気

明和地所<8869.T>がウリ気配。12日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正と無配を発表したことから、これを嫌気した売りが先行している。売上高は前回予想の457億円から365億円(前の期比1.8%増)に、経常損益は22億円の黒字から78億円の赤字(同14億2600万円の黒字)に、最終損益は12億円の黒字から114億6000万円の赤字(同7億5100万円の黒字)に見直した。不動産販売事業で第2四半期以降、消費税増税問題などの影響により、進捗が遅れたことから、前期末の在庫販売は一定の成果を上げたが、新規物件の供給スケジュールに遅れが生じ、売上高が計画を下回ることが要因。また、棚卸資産評価損約85億円を売上原価に計上することや、繰延税金資産も約35億円取り崩すことで、経常赤字、最終赤字になる見通し。3月期末配当は前回予想の年15円から無配(前の期は年15円)とした。

明和地所の株価は9時16分現在698円(▼90円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)