前沢工が3日ぶり大幅反発、13年5月期業績の上方修正と期末配当を引き上げ

前沢工業<6489.T>が3日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新している。12日引け後に13年5月期連結業績見通しの上方修正と期末配当予想の引き上げを発表し、これを好感した買いが集まっている。売上高は前回予想の271億円から279億円(前期比6.7%増)に、経常利益は3億4000万円から7億4000万円(同31.0%増)に増額し、39%経常減益から一転、3割強の増益見通しとした。企業集団の連携を強化したことから上下水道用機器装置などの受注が増加して売上高が拡大することや、工場稼働率の上昇、トータルコストダウン、生産効率の向上が要因だ。また、5月期末配当は前回予想の2円から4円に引き上げて年6円(前期は年2円)としている。

前沢工の株価は10時14分現在279円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)