パナSUNXが反落、前3月期通期予想の下方修正を嫌気

 パナソニック デバイスSUNX<6860.T>が反落。12日大引け後に前2013年3月期の通期予想を連結売上高で当初予想の420億円から375億円(前々期実績393億3300万円)、営業利益で35億から29億円(同31億7900万円)へ下方修正したことが嫌気されている。下期以降、国内においては、主要顧客である半導体・液晶製造装置関連や自動組立機械関連の需要が落ち込み、中国向けも需要が減速している。今期以降の業績浮上には中国向けの回復が鍵を握りそうだ。

パナソニック デバイスSUNXの株価は11時13分現在408円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)