リンガーハットが反発、14年2月期の29%経常増益見通しを評価

リンガーハット<8200.T>が反発。株価は前週末比61円高の1256円まで買われ、2月5日につけた1250円の年初来高値を更新している。前週末12日引け後に13年2月期連結決算を発表。売上高は350億7300万円(前の期比1.1%増)、経常利益12億3300万円(同2.8%増)の着地に続き、14年2月期は売上高365億円(前期比4.1%増)、経常利益16億円(同29.7%増)と経常増益見通しを示したことから、これを評価した買いが先行している。消費者の節約志向に合わせ、ワンコインで具だくさんの「海鮮とくちゃんぽん」の拡販や、中核商品のバリュエーション化による来店客数増、60店の新規出店効果を見込んでいる。

リンガーハットの株価は12時33分現在1250円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)