<後場の注目銘柄>=栄研化学、LAMP法試薬に注目

 栄研化学<4549.T>の主力製品は、大腸がんの早期診断検査に用いられる便潜血検査用試薬。その他、細菌検査試薬や尿検査試験紙にも強みを持つ。また、1998年に独自開発した迅速・簡易・正確な遺伝子増幅法であるLAMP法(主に細菌やウイルスの有無を調べる)を軸に、遺伝子関連領域を強化中。

 特に注目なのはLAMP法による結核菌検出試薬の動向。同社は途上国で使用できる感染症診断用製品の開発を支援するFIND(ゲイツ財団が資金提供する非営利基金)と、短時間で高精度検査が行える結核菌検出試薬を共同開発してきた。株価は、1400~1500円のボックス相場の下限にあり上昇期待がかかる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)