セガサミーHDは高値更新後に値を消す、大和証はパチスロ市場での実績評価

 セガサミーホールディングス<6460.T>は、朝方に一時前週末比23円高の2107円と年初来高値を更新後、市場全般の軟調な動きで値を消している。大和証券は12日、同社の投資判断を新規で「2(アウトパフォーム)」とし目標株価を2400円に置いている。同証券では、「パチンコ、パチスロ産業の見通しは明るいとは言い難い」と指摘するものの、同社の主力のパチスロに対しては「市場をパチンコとパチスロに分ければパチスロの優位性は明らか」としてパチスロ市場はしばらく拡大基調が続くと予想している。また、リゾート、カジノ施設の開発、運営に絡んでも国内カジノ法案が成立すれば、カジノを含むリゾート複合施設のオペレーターとして同社が候補に挙げられる可能性を指摘している。

セガサミーHDの株価は13時31分現在2063円(▼21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)