外為:豪ドル、101円80銭台へ急落、中国GDP受け売り膨らむ

15日の東京外国為替市場の円相場は午後1時30分時点で、1豪ドル=101円84~88銭前後と前週末午後5時時点に比べ2円78銭の大幅な円高・豪ドル安。午前11時に発表された中国の1~3月期実質国内総生産(GDP)伸び率が前年比7.7%増と市場予想(8.0%増)を下回ったことを受け、豪ドルには売り物が膨らみ101円80銭台への大幅安となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)