<動意株・15日>(大引け)=アーク、エイチーム、ベスト電など

 アーク<7873.T>=急騰。試作からの金型供給を世界で展開する。企業再生支援機構が同社株式を68.7%保有し、同機構の傘下で経営再建中。13年3月期は連結最終損益で15億円の赤字が見込まれているが、子会社の売却・清算などによる事業構造改善引当金を計上することなどによるもので実質的には底入れの方向。14年3月期は20億円程度の黒字化が試算され、業績回復への期待が買いの根拠となる。

 エイチーム<3662.T>=急伸で株価出直りが急。同社はモバイル端末向けゲーム開発と比較情報サイト運営を主力としているが、スマートフォン向け主力タイトルの「ダークサマナー」が海外でも大ヒットしており、世界で累計600万ダウンロードを突破している。米国などに続き4日から韓国版も配信を開始しており、一段の人気化が予想される。

 ベスト電器<8175.T>=一時ストップ高。12日の取引終了後に、14年2月期の業績予想を発表。売上高1926億5200万円(前期比0.7%増)、経常損益37億7100万円の黒字(前期は35億7900万円の赤字)見通しとしたことから、これを手掛かりに買いを集めた。今期はブランド力のある九州エリアに経営資源を集中し、既存店舗の改装などを実施し活性化を図ることや、ヤマダ電機との資本・業務提携の効果を最大限発揮することで、大幅な経常黒字転換を見込む。

 パイプドビッツ<3831.T>=急反発。ガイアックス<3775.NG>と共同で4月24日に政治家及び政治関係者を対象として「第3回政治山セミナー ソーシャルメディアの利活用とリスク対策」を、東京都港区赤坂のパイプドビッツ本社とオンラインにて同時開催することが関心を集めている。

 リソー教育<4714.T>=大幅高。同社は12日、8月末割当で株式1株を10株に分割し、同時に単元株制度を採用して最低売買単位を100株にすることを発表。14年2月期の予想配当金についても上期150円配当に特別配当金30円を加え180円に引き上げ、14年2月期の年間配当金は360円となり過去最高額更新となる。

 パソナグループ<2168.T>=年初来高値を連日更新。同社が今月初旬に発表した12年6月~13年2月期連結経常利益は経常利益が前年同期比で49.6%増の17億300万円と好調で、これを背景に買いが続いている。国内だけでなく、アジアを中心とした海外への人材派遣需要も拡大しており、これを取り込むことにも成功している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)