林兼産が関係会社株式評価損、1億5000万円の特損計上

 林兼産業<2286.T>は15日、13年3月期において関係会社の株式評価損を計上することを発表した。同社の連結子会社である林兼フーズ(非上場)の株式について同社の純資産額が著しく減少したため、個別決算において関係会社株式評価損1億5000万円を計上する。個別業績の見通しについては現在集計中とし、業績予想の修正が必要な場合には別途公表するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)