江守商が13年3月期売上高を1440億円に上方修正、利益は据え置き

 江守商事<9963.T>は15日、13年3月期通期連結売上高の修正を発表、売上高は従来予想の1300億円から1440億円に増額した。中国子会社の販売が好調に推移していることが寄与した。ただ、営業利益、経常利益、最終利益については従来予想からの変更はない。利益については、タイの洪水で被災した子会社の営業損失計上や、13年1月1日付で分社化された子会社の第4四半期の利益が決算期の相違により次年度に反映されることなどを理由に業績予想を据え置いている。売上高は前の期比で23.4%増の伸び、経常利益は同14.5%の伸びとなる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)