日本商業開発がS高、不動産私募ファンドの拡大に期待

 日本商業開発<3252.NG>がストップ高カイ気配。テナントを誘致し事業用定期借地権により長期に賃貸し、当該テナントに建物を建ててもらい賃貸収入を確保したうえで、その土地を不動産利回り商品として投資家に売却するという「JINUSHIビジネス」を、メーンに事業を展開している。独自のビジネスモデルから不動産関連としては名証で異彩を放つ動きとなっている。
 現物不動産である底地を投資対象とした不動産私募ファンド「JINUSHIファンド」は昨年3月には第1号投資案件である大阪の食品スーパー「ライフ毛馬店」への投資が完了しているが、不動産市況の好転を追い風に今後の投資案件も好調に推移するとの期待が高まっている。

日本商業開発の株価は10時32分現在5220円カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)