雑貨屋BLが反落、13年8月期連結業績下方修正と期末無配を売る

雑貨屋ブルドッグ<3331.OS>が反落。15日引け後に13年8月期連結業績見通しの下方修正と期末無配を発表したことから、売りが先行している。売上高は前回予想の120億円から103億1100万円(前期比8.4%減)に、経常利益は5億円から1億900万円(同83.4%減)に減額し、経常減益幅が拡大する見通し。雑貨小売既存店の売上高改善を最重要課題として取り組んだものの、その効果が十分に出なかったことが要因。また、繰延税金資産の取り崩しや減損損失の計上で、最終損益は2億5000万円の黒字から6億9800万円の赤字(前期は1億2400万円の黒字)に見直した。8月期末配当は前回予想の年5円から無配(前期は年5円)とした。
 また、同時に徳島県を地盤に西日本中心に化粧品や生活雑貨販売で40店舗を展開するアクサスとの資本・業務提携を発表。アクサスが同社株式329万8000株(全発行済み株式数の32.1%)を取得する。

雑貨屋BLの株価は11時4分現在245円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)